• Beforedent Blog

    ビフォーデント 公式ブログ

    Beforedent #私の矯正日記【初回3Dスキャン編】

    f:id:Beforedent:20210127161442p:plain


    【Beforedent #私の矯正日記】シリーズ

    今回ご投稿いただくのは @risakichizさん!

    ==============
    #Beforedent矯正日記 (pencil)
    レポーター:@risakichiz  f:id:Beforedent:20210127162017p:plain


    【初回3Dスキャン編】

    はじめまして!リサと申します!(instagram @Risakichiz)

    これからビフォーデントのマウスピース矯正を始めるにあたって、症例やお値段、実際に体験してみてどうなのか?などなどの疑問を、このレポートを通して皆さまにお伝えできればと思っております('ω')

     

    まず最初に、提携クリニックの東京ガーデンテラス紀尾井町歯科さんに行って歯型の3Dスキャンを撮影します。この際に、自身の歯に虫歯や歯石などが見つかるとまずそれを治療してからの撮影となります。

     

    私は矯正以前に通っていた歯医者さんで左奥歯の虫歯を治療し終えた後だったのですが、そこで見落としていた前歯の裏の虫歯を治療して頂きました。

    皆さん、これは周りの人にも啓蒙してくださると嬉しいのですが、歯ブラシは歯と口の大きさに合ったものを選んで、毛羽立つたびに交換して、歯茎と歯茎の間や歯の裏、奥の奥歯までをしっかり細かく磨いて歯医者さんへ定期検診に行きましょう(^。^)あ、あとデンタルフロスや歯間ブラシも毎日併用してください!そうすることで歯茎から血は出なくなりますし、歯も健康になりますし、口臭の原因も大きく改善されます……これは本当のマジです……

     

    虫歯を治療し終えた後は、ストリッピングという歯のエナメル部分を0.25〜0.5mmほど削って形を整える作業をしてもらいました。大丈夫です、痛そうに聞こえますがこれは痛くないです!神経に届く虫歯治療のほうが全然痛いです!そうならないようにまずは日常的に歯磨きをしっかりしましょうって話なのです!笑

     

    歯の形を整えた後はいよいよ3Dスキャンの撮影です。これを撮影する機械が凄いんですよ… ペン型のカメラで奥歯の一本一本から撮影するのですが、撮影が出来ていると爽やかなBGMが鳴ります。笑

    そうして歯と歯茎の3Dスキャンがモニターに映し出されるのですが、色も形もびっくりするほどしっかり綺麗に映ります。感動です。

    歯の型取りというと粘土のようなものを噛んで取るものが一般的なようですが、この光学スキャナーで撮ると嘔吐感なども感じることなく素早く撮影することができるというわけですね。

     

    後日、ビフォーデント公式LINEからこれからの矯正で動く歯のシミュレーションが送られてきます。

    もちろん3Dなので上の歯、下の歯、前から後ろから斜めから360°どの角度からも細かくシミュレーションを見ることができます。1〜4枚目が私の現在の歯並びで、5枚目からが矯正が完了した13〜14週目の私の歯並びの想定です。はやくこうなりたい…

     

    私の場合ですとご覧のとおり、上と下の前歯が前に出ており、それを元ある場所に戻して綺麗な歯並びに整えて行く予定です。

     

    私専用のアライナーが到着するまでには2.3週間かかるようです。夢だった矯正がいよいよ始まると思うとドキドキしますね!

    それでは、アライナーの到着後にまたお会いしましょう!

    ここまで読んでくださってありがとうございます